美容外科とはなんなのかを知って適切に悩みを解消しよう

美と機能

見た目に美しいということは、機能性があるということと同義ではありません。しかし、重なる部分もあります。もし病気になったとしてそれを治療することができたけれど、見た目には不満が残る場合には美容整形を活用することになります。

同じ皮膚科でも目的が違う

皮膚科

治療する対象がいぼや水虫、湿疹などです。どの病院に行っても同じ料金で施術を受けることができます。皮膚にかゆみや炎症が出ているときはまずここにかかりましょう。

美容皮膚科

見た目の治療をしていくのが美容皮膚科です。ニキビ跡といった治療だけでなく、ケロイドの治療も行なっていきます。自由診療となるので費用が高額なところもあります。

美容外科とはなんなのかを知って適切に悩みを解消しよう

レディ

勘違いする人が多い

美容整形が一般の人にも広く知れ渡るようになり、また医療を便利に利用しようと考える人も増えたため、逆に美容整形術を行なう美容外科と整形外科をごっちゃに考えてしまう人も続出しています。
間違った意識を植え付けないためにも、美容皮膚科や美容外科について知っておきましょう。

婦人

形成外科との違い

大阪や千葉で美容外科を探そうとすると、形成外科にあたることがあります。じつは似たようなイメージがありますが、その治療内容は異なります。形成外科では異常な状態を正常にするのが信条です。整形外科とも違います。整形外科は骨や関節を扱う分野ですから、病院を探すときは間違えないようにしたいものです。

カウンセリング

美容外科施術は精神的負担を軽くする

整形外科と美容整形が混同されることが多いため、美容外科と呼ぶと勘違いしにくいです。この施術は健康保険の適用外となっていますが、生活の質を上げるために必要な分野といえます。
美的なコンプレックスがあると生活に支障はきたしませんが精神に負担がかかります。その結果将来の決断に制限が出るというのであれば、それを取り除くのが美容外科の役割です。