ペットのためにもセントラル浄水器を取り入れよう

水回りのトラブルの中で

水道管

業者による修理方法では

どこの家庭にも備わっている蛇口は、水回りで一番多くトラブルを起こしやすい場所と言っても過言ではありません。この蛇口から水漏れを起こしている場合、多くの方が業者に修理を依頼するのではないでしょうか。この蛇口の中でも2ハンドル混合水栓のトラブルの場合、業者に依頼したときの修理方法としていくつかあります。まずは、一般的に多いのがハンドルを閉めても蛇口の先端から水が漏れている場合ですが、これはハンドルの内部の「こま」というパッキンが劣化したことで水漏れを引き起こします。方法としては、ハンドルを外してからパッキンを交換することになりますが、それでも改善できない場合はパッキン上のスピンドルもしくは蛇口ごとの交換が一般的です。次に水がハンドルの根本から漏るときの水漏れ修理では、ハンドルの下にある三角パッキンが消耗もしくは劣化によることで水漏れを引き起こします。これも、三角パッキンを交換するだけの作業という、割と簡単にできる方法です。他では、水栓が取り付けられている壁との接合部から水が漏れているときは、2つの水漏れ修理方法があります。壁の内部にある吸水管の接合部がシールの不足によって引き起こす原因と配管の破損です。シール不足なら、もう一度丁寧に巻き直しするだけで解決しますが、配管の破裂の場合は配管そのものを修繕もしくは交換することになります。水漏れ修理に繋がるハンドルの空回りは、蛇口を捻っても水が止まらない、水が出ないという症状です。これは、ハンドルそのものが破損している可能性が高いので、ハンドル自体を交換することになります。このような水漏れは代表例となっていますが、他にも様々な症状があり、原因に合わせた水漏れ修理が必要です。まずは、水漏れが起きた場合、真っ先に水道の元栓を閉めてから業者に連絡するようにしましょう。